dohi-net[管理者] のすべての投稿

ベランダ防水塗装

自宅のベランダの防水塗装が、10年ほど経過した為、ひび割れ等が発生する前に再塗装を行いました。



ベランダも10年経過すれば汚れてきます。劣化ひび割れで雨漏りでもすればもっと手間が掛かるので問題ないうちに再塗装を行います。



砂汚れなどがある為、洗剤と水で念入りに洗浄します。高圧洗浄機を使用すると良いかと思います。



洗浄後、乾燥させてからサンドペーパーか、ランダムアクションサンダー(電動)で既存の防水塗装に傷を付け、塗装が乗りやすくします。



今回の場合、既存の防水塗装がFRP防水で行われており、塗装表面には、ワックス成分がある為、アセトンを使用して脱脂する必要があります。既存の塗装面を隅々まで、アセトンで拭き取っていきます。



脱脂が終わったら必要に応じてマスカーで養生を行います。



こちらが、今回使用する中塗り塗料です。アトムペイントの水性防水塗料です。使用する塗料の種類は2つあり、中塗りと上塗りが必要で遮熱性能も持っているタイプです。



まずは中塗りを3回(1工程毎に乾燥が必要)行います。細かい部分を先に刷毛で塗っていき、広い面はローラーで行います。



伸縮継ぎ柄を使うと腰を痛める事無く塗装が出来ます。



中塗り3回で一日終了でございます。



別日に上塗りを行うのですが、上塗り塗料には滑り止めの防滑材を混ぜ合わせます。



こちらが防滑材です。細かい砂のような物です。塗料缶に投入して混ぜておきます。



上塗りは2回塗装を行います。(メーカー推奨回数)2回目は厚く塗装を行ったほうが丈夫に仕上がります。



塗装完了です。新築時のベランダのようになりました。



防滑材入りの防水塗装表面。



こちらは、別の階の少し広めのベランダの塗装後です。

今回行った塗装方法はメーカーの使用方法に基づいていますが、既存の塗装の種類や状態により工程が異なりますので実施する場合は塗料メーカーの資料をご覧ください。

アトムハウスペイント 水性防水塗料 中塗りグレー 4Kg

新品価格
¥5,278から
(2020/7/5 22:21時点)

アトムハウスペイント 水性防水塗料 遮熱トップコート グレー 1.5Kg

新品価格
¥3,399から
(2020/7/5 22:23時点)

アトムハウスペイント 水性防水塗料 遮熱トップコート用防滑材 30g

新品価格
¥526から
(2020/7/5 22:23時点)

1+

空調服を作る

自作空調服 2020年版でございます。

前回作った空調服をまた作ろうと思います。
今回もファン取付用ワッペンを使用します。




今回のワッペンは服の表と裏に挟み込む仕様のワッペンの為、厚紙で型紙を作ります。



新しい服のファン取り付け位置に作った型紙を置き印を入れます。



コンパスカッターで切り抜いた丸い型を型紙に戻し、円のセンターに印を入れます。



円のセンターでコンパスカッターでカットします。



二重になっているワッペンをはめ込みます。



ワッペンをアイロンで接着します。



接着完了ですが、この後念のためミシンで縫い合わせを行います。(洗濯で剥がれる可能性がある為)



表側はこのような感じになります。



次に、空調服のファンのケーブルを固定するベルトを作ります。古い作業服などから生地をカットし用意します。



生地からミシンでベルトを作りました。個数は最低限二つ必要です。



ベルトは下記のような場所にミシンで縫い固定します。



空調服では、空気が裾部分から逃げないようにゴムを通す必要があります。ひも通しという道具を使用します。



裾の端部分の縫い目を糸切で切ってゴムを通していきます。



反対側まで来たらミシンで縫い固定します。



もう一方はゴムを引っ張り裾が少し絞られるくらいにしてミシンで縫い固定します。

以上で完成でございます。(バッテリーは服のポケット部分にケーブル通し穴を作っています。)一度空調服を使用すると暑いときは止められなくなります。

実用新案登録!2枚の生地でサンドして断面がほつれない!【BR-670 空調ウェア自作キット アイロンワッペン2枚セット(カラー:ブルー)】空調服自作キット!熱中症対策 グッズ

新品価格
¥1,980から
(2020/6/19 21:44時点)

1+