レガシィスロットルコントローラー取り付け

レガシィスロットルコントローラー取り付け

今日は前の車(インプレッサSTI)で使っていたスロットルコントローラを付けました。

常時電源+12V と グラウンド と バック信号を取出し結線。
後はアクセルペダルセンサーにハーネスをジョイントします。
最近の車のアクセルはスロットルにケーブルが繋がっておらず電子制御のため
ドライブ・バイ・ワイヤと呼ばれる。

初めて乗った車「カローラ」の時はボンネットを開け、そこでエンジンの空ぶかしをやったりできました・・・

 

メーター下部に取り付け。

・・・少し燃費が悪くなったようです。(エンジンスロットルの開度が変わるため)

現在は ROM上で書き換えているため、このパーツは取り外されています。


2012年4月4日

新たに買い換えた4台目の車のアクセルの制御がどうなってるかを
故障診断ポートを使い、高速道路走行でデータをとってみました。

アクセルを100%踏んだ状態でもエンジンスロットル開度は50%程度しか開かない時があり、
完全な全開加速ができないようになっていました。

燃費を稼ぐワナでしょうか。。

現在はROMの書き換えで100%開くようにしています。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です