コムテックZERO 807LVとV40の組み合わせ

前回、ユピテルのLS300(レーザー式オービス対応レーダー探知機)を紹介しました。OBD2とV40の組み合わせも使用ができました。

レーダー探知機メーカーのコムテックについても光オービス対応モデルが販売されました。

今回はコムテックの最新モデル ZERO 807LVでV40 D4にOBDケーブルで接続してみたいと思います。



コムテック ZERO 807LV 新型レーザー式オービス対応、データ更新無料モデルです。




本体前面です。4インチタッチパネルになっています。




裏面には LS300と形状が違いますがレーザー検知部があります。



無線LANに対応させる為には WSD16G-807LVというSDカードが必要になるのですが高価な物ですので安い東芝のFlashAir W-04を使用します。FlashAirにレーダー探知機のデータをインストールする為にコムテックのサイトにあるRadar SD Creatorを使用します。



OBD2ケーブルについてはOBD2-R3を使用し12番の設定を使用しました。



設置位置はセンターにしました。



エンジン回転数や水温、吸気温度等の項目の取得が可能でした。

レーダー探知機の電源が入るタイミングについてですが、メーカー説明では、本製品は、ACC ON ではレーダーの電源は入りません。との表記があり、V40においてもエンジン始動後数秒経過してから電源がONになる状態でした。(始動前にONになる事もありました。)

ユピテルのLS300の運用テストで判明した事ですが、高速道路走行時にV40の車両レーダーを検知してLV1の警告が続く事が何度かありました。この件については コムテックでは発生しておりません。状況が変わり次第追記いたします。

一般道での比較では、ユピテルのLS300については誤報が多い傾向があり、必ず誤報が上がる場所においてコムテックのZERO 807LVでは誤報が無いという事が数か所で確認されました。しばらくの運用で状態が変わればこちらに追記いたします。

2019/07/06 追記
使用を継続していますが、LS300とくらべて誤報は圧倒的に少ないです。ただし、誤報はゼロではありません。(当方の環境の場合)。レーザー受信もかなり手前から検知しています。


ユピテルのレーザーオービス対応レーダー探知機 LS300とV40の組み合わせの記事は下記へ。

【新商品6/21発売】レーザー&レーダー探知機 コムテック ZERO807LV OBD2-R3セット 無料データ更新 レーザー式移動オービス対応 OBD2接続 GPS搭載 4.0インチ液晶

価格:41,700円
(2019/6/24 21:17時点)
感想(2件)

東芝 SD-UWA016G FlashAir W-04 無線LAN内蔵SDHCカード 16GB CLASS10

価格:3,499円
(2019/6/24 21:20時点)
感想(1件)

マラソン期間中 店内全品ポイントアップレーダー探知機用OBD2接続アダプターコムテック OBD2-R3

価格:5,690円
(2019/6/24 21:24時点)
感想(1件)

コムテック レーザー光対応レーダー探知機 ZERO 807LV 新型レーザー式オービス対応 レーザー取締共有システム搭載 データ更新無料 ユーザー投稿システム搭載 OBD2接続 GPS液晶 ドライブレコーダー連携

新品価格
¥36,800から
(2019/6/24 21:18時点)

東芝 無線LAN搭載SDHCメモリカード 16GB Class10 UHS-1Flash Air SD-UWA016G

新品価格
¥3,278から
(2019/6/24 21:22時点)

コムテック OBD2接続アダプター OBD2-R3 レーダー探知機用オプション OBDII 電源供給 4m

新品価格
¥5,060から
(2019/6/24 21:23時点)

5+

「コムテックZERO 807LVとV40の組み合わせ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です