V40 ハイフラ防止抵抗の温度

V40 ハイフラ防止抵抗の温度

Volvo V40 のウインカーをLED化する為のハイフラ防止抵抗を入手。

50W 3オームの抵抗で片側前後が同時にカバーできるはずです・・

(V40のウインカーの音はスピーカーから出ていてハイフラ防止リレーは使えません)

抵抗はそれなりに発熱する物なので

確認のために12V (4A) を一分間通電し温度を測定してみました。

 

ハイフラ防止抵抗

連続通電 1分で 96度。 ウインカー、ハザードでは

もう少し低くなると思いますが、設置場所には注意が必要

設置後温度測定したいと思います。

 

2016/07/31 追記

V40_Rear_Socket2

純正ハーネスを傷つけないために該当箇所にて半田を行った。

 

Solder

金属表面に半田する場合はフラックスの塗布をお勧めします。

 

V40_Rear_Socket1

V40_LED_VR_Th

実際にVolvo V40にキャンセラー抵抗をリヤの左右に接続し、LED球へ交換を実施。

玉切れ警告やハイフラも発生せず正常動作。

10分間ハザードを動作させ、非接触温度計で計測を行った。

抵抗の温度は 約 260℃に達していた。

金属ステーで固定を行い、断熱材等にも接触しないようにしているが

予測していた温度よりもかなり高温になっていた為

LED化は一旦断念する事に。(安全のために)

いろいろ調べているとあまり発熱しないハイフラ防止ユニットが

数社から販売されている模様。(PIAA、 GARAX等)

低発熱のハイフラキャンセラー 紹介ページはこちら

V40_Rear_Socket3

ウインカーのコネクターで抵抗を接続する場合は

上記の写真を参考にしてください。

 

ハイフラ防止抵抗2個セット・50W3Ω ウインカー抵抗・点滅・ハイフラッシャー・ハイフラ抵抗・メタルクラッド抵抗

価格:1,280円
(2017/8/8 21:47時点)
感想(324件)

4+

「V40 ハイフラ防止抵抗の温度」への3件のフィードバック

  1. はじめまして!私もリアウインカーのLEDにチャレンジしようと思っています。
    ただボルボはリアランプがユニット構造のため、配線が解りません。
    よろしければ、抵抗を取り付けした配線をご教授いただければ幸いです。

    1. はじめまして

      コメントありがとうございます。

      先ほどソケットを取り外し写真を追加しましたのでご覧ください。

      また、あまり発熱を伴わない ハイフラバスターによるハイフラ防止計画がまだ検証中(当サイト別ページ参照)で
      メーカーによりハイフラバスターの製品不良が認められましたので
      こちらが成功すれば、ハイフラバスターの方が安全性が高くなります。

      抵抗で行う場合は抵抗の温度が260℃ほどが確認されましたので
      設置場所にはご注意ください。

      また、フロントは電球のままでリアのみLEDにする場合は
      上記の抵抗値では過電流となる可能性がありますので
      再度、抵抗値の検討をお勧めします。

      1. dohi-net様
        早速のご返信と写真ありがとうございます‼︎参考になります。
        しかし発熱温度は非常に高いですね。要考慮です。
        dohi-net様のハイフラバスターの検証も参考にさせていただきたいと思います。
        本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です