V40 Dice診断機

二年前くらいに購入していたVolvo DiCEを接続してみました。

公式VIDA(診断ソフトウェア)はオンライン化されていて、一般的に利用不可なので他のソフトウェアで試してみました。

まず、OBD2コネクタにDiCEを接続します。

PCのUSBにDiCEを接続します。

DiCE本体。

診断ソフトウェアを利用するにはPCにソフトウェアのインストール(Windows10でも可能)、アカウントの登録が必要です。本人確認の為、国際電話(海外)に電話をする必要があります。

車両内ソフトウェアのインストール、車両内設定変更は別途料金が発生する事があります。

診断ソフト内には車両の設定変更が可能な項目がありますが、不用意に変更を行うと正常動作しなくなる可能性がありますのでご注意ください。

診断ソフトウェア公式サイト

http://volvocesky.cz/vc2016/

診断ソフトウェアを起動し、認識されると型式や年式等が自動的に表示されます。

エラー情報の閲覧も可能でした。

各ユニットのソフトウェアバージョン情報や更新も可能なようです。

車両のカスタマイズ(コーディングのような物)をするにはCEMの解析が最初の一回だけ必要で三時間ほどかかりました。エンジンを停止させたまま電源をONにしますのでバッテリー上がり防止の為、バッテリー充電器を接続して行います。

純正テレビキャンセラーのソフトウェアも利用可能で既存の配線加工式キャンセラーを無効化してインストールしてみた所2016年式でも利用可能でした。配線式キャンセラーの不具合(当サイトのキャンセラー取付ページ参照)もこちらでは発生せず。テレビ機能のみに効くソフトウェアなのでこれからキャンセラーを検討中の方はこちらの方が良いかもしれません。

純正VIMソフトウェアダウンロード、インストール料金 約¥14,000。配線加工等不要となっています。

DIM内には、サービスリマインダーのリセット機能もあります。こちらも2016年式で利用可能でした。

4+

「V40 Dice診断機」への7件のフィードバック

  1. いつも楽しくホームページ拝見しています。

    とても面白いツールですね。
    このソフトは追加料金払うことで、PolestarやRicaのようなエンジンやスロットルマッピング変更も可能なのでしょうか?

    1. こんにちは。
      エンジンチューニングメニューも存在します。
      ステージ1、2及びEGRカット、DPFカット等がありました。手順的にはソフトウェア経由で現在のECMを吸い出し相手方によるチューニング後ダウンロード、書き換えになると思われます。現在RICAのステージ2をインストール済みで当機能については未検証で金額やスペックも不明な状態です。
      また、個別にマッピングを自由に調整する事は出来ないと思います。

      RICA(ステージ2)が今のところ不具合無くパワフルで後悔は無いです。Sモードが過激でドライでもホイルスピンを起こす事がありトルクフルですが、通常のドライブ(D)の位置では穏やかな仕様です。

  2. ご返信ありがとうございます。
    彼らのwebsiteを見るとオランダのチューン会社のメニューを使っているようですね。

    このソフトでどこまで設定を自分でいじれるのか興味あったのですが、キャンセラーを入れたい人には良さそうですね。

    1. その他のカスタマイズ項目については、また掲載予定ですので、よろしくお願いします。
      カーナビの起動画面をR-Designにしたり、シートヒーターの温度設定等もありました。

  3. akiです。
    またそそる情報をありがとうございます!!
    中華DiCEは手に入れていたのですが、Windows7homeのため入らず、Proを上書きしようにもうまくゆかずで、不燃ごみ保存中。
    時間が出来たら、遊んでみます。
    ではでは!!

    1. エラーログ閲覧でしたら、料金は発生しないようですので試す価値ありですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です