V40 ディーゼルの煤

V40 クリーンディーゼルの煤の話題が出ていたので洗車前に少しだけ覗いてみました。



 

EGRクーラーからの再循環パイプを取り出してみました。

 

再循環パイプの煤は想像以上に厚く5mm以上はありました。
ねっとりとしていてエンジンをぶん回しても取れるようなものではありませんでした。

 

エアコンプレッサーでも飛ばない煤。

 

オキシクリーンとお湯でつけ置き。

 

少しはキレイになりました。

 

センサー系も煤で詰まっていました。

 

洗浄後。

 

4万キロで高速道路走行が多くてもこの状態です。
これより内部もいつかは分解清掃しようと思います。

手洗い洗車があるので今回はここまでです。

8+

「V40 ディーゼルの煤」への6件のフィードバック

  1. 2016年9月登録のV40D4に乗っています.
    通勤で毎日往復110Km乗っていますので現在4万キロです.
    私も煤のことが気になっており,今回の記事とても参考に
    なりました.
    私は,煤を飛ばすためにたまにSレンジで3000回転ぐらい
    を維持して走行したりしていましたが,写真を拝見したところ
    とてもそんなものでは飛ばせそうもないですね.
    マツダ車のように,保証がきれても無償で対応してもらえない
    ものでしょうか?
    私のも今回のリコール対象のようなのでディーラーに今度きいて
    みようと思います.

    1. こんばんは。
      保証については確認していませんが、
      O2センサーによるエラーやEGRクーラー(対策品もあるようです)によるトラブルは保証終了後でも対応してくれるのではないかと期待しています。
      EGR配管が容易にアクセスできる事からEGR配管に栓をして(いわゆるEGRカット)新鮮な空気のみをエンジンへ送るようにする計画も考えています。
      そのまま栓をすると恐らくエラーが出る可能性があるのでEGRカット用ソフトウェア(RICA)を利用する必要があるかもしれませんが・・。
      また、インジェクター等の詰まり防止で時々 ワコーズのD1を投入しています。

  2. 我が家にもリコール通知が来ました。
    以前からココ
    https://recharge.jp/blog/%ef%bd%92%ef%bd%85%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%ef%bc%92%e3%80%80%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%ab/atenza-takeri-mazda6/%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%81%ae%e7%99%ba%e7%94%9f/

    でディーゼルの煤のことについて書かれていたので、気にしていましたが、マツダだけじゃないんですね。

    やはり尿素を使わない浄化システムは厳しいのかでしょうか。

    1. こんにちは。
      ブログ拝見しました。配管にフタをする方法ですが、V40ではそれに該当する方法がソフトウェアで実現できるようですのでまだ簡単です。

      今度分解清掃した上でソフトウェアのインストールを行う予定です。(新鮮な空気のみをエンジンに供給する)

      また、尿素による浄化システムにおいてもEGRシステムが存在する以上、吸気側が煤で汚れるのは避けれないと思います。

  3. リプロ対応してもらって来ました。
    時間にすると40分程度でしょうか。

    ココで煤のことが出ていたので、配管とセンサーの状態を写真で良いので確認させてほしい、とお願いしましたが、EGRクーラー等の分解が必要なため、お待ちいただく時間内ではできません。と断られました。

    こちらとしては、時間はかかっても良かったのですが。。。
    コレでリコール時にはセンサーの清掃、状態の確認は行っていないことが確認できました。

    ノベルティ(ボールペン)はいらないので、煤の清掃をして欲しかった。堆積が進んでからだと大変なのになぁ。

    1. こんにちは。
      リプロ対応の報告ありがとうございます。

      EGRクーラーの脱着は面倒ですが、EGR配管だけの脱着ですと当方のように素人作業でも5分以内ですのである程度の煤汚れの進行状況を確認できるかと思います。(外した配管は洗浄も可能です。) 外した際に内視鏡があればインマニ内とスロットル付近も観察できるものと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です