V40 3年経過したバッテリー

3年前に交換したメインバッテリー。朝の冷えているときに診断してみました。



健全性が64%に低下しています。車両診断機でTVチューナーのエラーコードを確認中に電圧が低かったので発覚しました。
これくらいですとセルモーターの勢いでは気が付かない程度ですので急に劣化して出先でバッテリー上がりになる可能性があります。

(念のため非常用モバイル始動バッテリーは常備しています。)



新しいAGMバッテリーを手配中です。¥19,000くらいで用意出来そうです。

+3

「V40 3年経過したバッテリー」への4件のフィードバック

  1. 一回目の車検(2019/02)に交換しました。
     メイン 34,400  サブ 19,000  計 53,400 から部品値引き10,320 で43,080円  これに工賃7,200x2  小計57,480円
    税込62,078円(この時は8%) ( ;∀;) となりました。

    バッテリーは消耗品とは言え、寿命が速いですよね~。

      

    +1
    1. 2019年交換ですと、あと一年少々は安心できますね。
      国産車のように誰でも簡単に交換できる構造だと良かったのですが・・。
      寒い時期に交換するのは大変です。

      0
  2. まだまだお高いですが、AGMの代わりにリチウムは検討しなかったのでしょうか。

    我が家のV60は車庫前の路盤が圧雪で高くなり、車庫から出せなくなってはや1か月。1週間に1度エンジンをかけていますが、バッテリーを2度上げているので、かなり危ない状態です。
    そこで、パルス充電対応の充電器を購入しました。どこまで延命できるか、気になるところです。

    0
    1. こんにちは。
      バッテリーの種類の変更ですが、充電時の受け入れ特性などが異なったり
      充電制御に不具合等が起こる可能性もありAGMバッテリーに致しました。

      今朝メインバッテリーを交換しましたのでまた記事にしようと思います。

      充電器において、充電前と充電後で健全性がどれくらい変化するか
      バッテリーテスターを用い確認すると良いかもしれません。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です