NASの改装

NASとは…
ネットワーク・アタッチド・ストレージの略でネットワーク接続型のハードディスクです。

当サイトのサーバーを自動的にバックアップしているNASのハードディスクの内一台で異常が検出されました。

一台のみが故障しても他のディスクがミラーリングをしている為データが直ちに破損する事はないのですが、ハードウェアが5,6年経過している事もあり、交換する事にしました。

今回、購入したのは QNAP製の TS-251Bです。



インテル製 CPU、Celeron J3355 デュアルコア内臓でHDDを2台内蔵してRAID1 RAID0等 を構成できます。



背面には PCIe拡張スロットがあり、10GbE対応のLANボードを搭載できます。また、メインメモリも増設できるようになっています。



HDDは下記のスロットに取り付けします。



専用のスロットにHDDを取り付け。ビスも付属していますが、ツールレスでも取り付けできます。



ネットワーク機器が並ぶ場所へ設置。



HDDを取り付け、LANケーブル、電源を接続してPCからセットアップを行っています。



設定等も完了。NASの設定画面はまるでPCのようです。



転送速度テスト。 読み取り118.51MB/sと1GbEの環境ではほぼフルスピードが出ています。以前のNASが50MB/s程度でしたので性能向上しています。

今回のNASはスマートフォンからでも監視が可能で、異常があれば早い段階で対応できます。

QNAP NAS TS-251B ベイ PCIe拡張スロット内蔵 10GbE接続対応可 デュアルコア 2.0GHz CPU搭載 高速データ転送 スナップショット機能

新品価格
¥37,345から
(2019/12/18 21:44時点)

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です