exim4 アクセス拒否設定、スパム対策

 

exim4 アクセス拒否設定、スパム対策

 
メールサーバーに迷惑メールが一日に数十件届くことがあります。
自営のメールサーバーでは SpamAssassinによる判定を行っていたのですが
何度も同じ発信元から来るメールについては発信元で判別し受付を拒否する設定に変えました。下記の設定を行うとメールは届かず送信者(メールサーバー)に対してリターンメールが返ります。

サーバーOS: Linux MTA : exim4

/etc/exim4/exim4.conf.template
acl_check_data:
deny
log_message = ***SPAM Block*** Mail Address rejected
senders = /etc/exim4/reject_from
<-このファイルは別途作成し 拒否する送信者を指定する
(*@docomo.ne.jp 等)

deny
log_message = ***SPAM Block*** Remote Host rejected
hosts = /etc/exim4/reject_host <-このファイルは別途作成し 拒否するメールサーバーのドメイン等を
指定する(*.mail-server.com 等)

設定ファイル保存後は exim4を再起動してください。

reject_fromやreject_hostファイルに拒否ドメイン等を追加した時は再起動不要です。

拒否をした時はログに残ります。

送信者に返されるリターンメール

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です