V40 サマータイヤ交換

純正タイヤの点検を自主的に行ったところタイヤの内側(タイヤを外さないと見えない側)に大きな亀裂を発見。




拡大写真。 致命的です。
可能性として・・50キロビッグトルクの影響若しくはアライメントの狂い、フルバンプが何度かありその時にできた可能性もあります。タイヤクリアランスは純正サイズなので問題なし。
走行距離は4万キロ。

新たに注文したタイヤは ダンロップのル・マンファイブです。



205/50R17 純正と同サイズですが速度レンジが一つ落ちます。(WからVへ)。
270km/h から 240km/h へと低下しますが、日本では問題ないでしょう。 ロードインデックスは純正と同じです。

タイヤの製造は2019年2月から3月くらいで問題無しでした。

タイヤ内部にはサイレントコアがあり、ロードノイズ低減の効果があるそうです。

タイヤを交換するついでにバルブも交換します。

交換手順はジャッキアップしてタイヤの取り外しから・・。

タイヤホイールからバルブを専用ドライバーで取り外しエアーを抜きます。

外れた内部の虫ゴム。

バルブの虫ゴムが外れたらビードを落としていきます。
一般家庭で設備が無いのでここからは疲れる作業が続きます。

表のビードが落ちたら裏も落としていきます。

ビードが落ちたらリムプロテクターを装着、タイヤレバーで外していきます。

表が全て外れたら裏側も外します。

タイヤとホイールが別々になったらホイールのバルブを外し新しいバルブと交換します。

バルブ引っ張り工具を使用して取り付け。

ホイールとタイヤにビードワックスを塗布。タイヤを嵌めやすくする為。556等の油はタイヤを痛めます。

黄色のマーク(軽点)とバルブの位置を合わせてタイヤを組み込み(タイヤレバーを使用)。

タイヤを組んだ直後はビードが落ちた状態の為、コンプレッサーで一気に充填を行いビード上げを行います。200kPa程度で上がりますが爆竹のような音がする場合があり、知らない人が居たら驚きます。

タイヤ組み込み途中の写真を撮りたかったのですが、両手がふさがる状況で撮れませんでした。

今回掛かった費用はタイヤ四本¥54,210円と廃タイヤ処理(ガソリンスタンドへ)で¥2,160円でした。計 ¥56,370円でした。
購入先はアマゾンです。

参考程度にオートバックスで同サイズ同銘柄では¥110,000円 超となっていました。

タイヤバランスについては一般道では異常な振動等は無く、高速走行後振動があれば検討する事にしました。


追記・・・
高速道路走行確認しました。直進性も良くしっとり吸い付くような走りでコーナーでも腰砕け感も少なく良かったです。

峠走行のフィーリングなどは未確認です。

DUNLOP(ダンロップ)LE MANS V(ルマン5) 205/50R17 93V XL 4981160794304

新品価格
¥13,390から
(2019/4/19 19:26時点)

2+

「V40 サマータイヤ交換」への6件のフィードバック

  1. こんにちは。
    当方も同じピレリ―のP7です現在14000キロ走ってますが次の車検には交換したいですね。(スタッドレスもピレリ―ですがインチダウンで205/55R16を履いています)
    ル・マンファイブは次期候補タイヤの一つですが、かなり良さそうですね。 P7は硬めで走行ノイズも高いので次はソフトで静かなタイヤにしたいと考えており、サイレントコアが気になっていました。 
    dohi-netさんが履いたなら、私も迷わずル・マンVに決定です。
    ありがとうございました。

    1. こんにちは。
      P7からの変更では ゴツゴツ感がかなり抑えられていて良い感じになっています。
      心配していたカーブの多い山道でも不安なく走れましたので良かったです。

  2. 高齢者には 静かでソフトな乗り心地が一番だと思います。
    スタッドレスタイヤを購入した フジ・コーポレーションでは4本セット62,800円ですが、dohi-netさんのように自分で組替えできませんので、すべてショップにお任せですね。
    組替え、バランス、廃タイヤで あと1万円位かな…、年金から積立しなくちゃ♪。

  3. こんにちは.
    いつも情報をありがといございます.とても参考になります.
    本日,走行47000Kmで,私もル・マンファイブに交換しました.
    まだ溝は3ミリ程度あったのですが,走行音が少し大きくなって
    きたため,タイヤを外して点検したところ,内側の
    偏摩耗があり1本は,ショルダーの溝が一部なくなってきてい
    たため,交換することにしました.
    dohi-netさんと,内側が偏摩耗するのは同じだと思います.

    ル・マンファイブはまだ少ししか走っていませんが,
    静かだと思います.最初空気圧が255kPaと少なかったので
    ピレリと比べるとハンドルを切るとすこし振らつくかなと思いました
    が,280kPa程度にすると,かなり良くなりました.やはりエクストラロードは高めの空気圧がよい気がしました.

    1. こんばんは。
      V40は片べりがしやすいのでしょうか。
      タイヤ交換と併せてアライメント調整がまだお済みでなければお勧めいたします。
      当方の場合体感できるくらい安定性が向上しました。

      空気圧は確かに高めが良いようで現在 270kPaにて使用しています。

  4. aki@gpx750rです。(以下の書き込みは過去レスと重複しているところがあります。)
    当方のは、D4CCの225/50扁平からルマン225/55扁平に去年春、変更して、外径がすこうし大きくなっている状態です。(車検はこれで通っています)
    1万キロを超えましたが、フロントは外側がけずれが多く、内側は溝段差が出ている状態で通常ですね。
    リヤは荷物を積まないことが多く、接地面のショルダーに近いところはいまだにひげが残っていました。
    全体にタイヤ消耗度は低く、やわらかいタイヤなのでヘリが多いと思っていたのはよいほうに裏切られました。
    このごろは高速が多く、その分、差っ引いて考えてください。
    なんとなくですが、D4は、頭が重いので225mm幅のほうが良い気がします。
    ではでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です