V40 D4 煤防止ソフトウェアの導入

先日、D4のエンジンのインマニを分解した際、煤の多さに衝撃を受けました。スロットルやインマニ内に煤が大量に付着する原因は排ガス対策で排気ガスの一部を再度吸気側へ戻している事が要因です。スロットルの上部から戻される為そこからエンジンまでの経路が煤で汚染されます。

分解した際、簡易洗浄を行いましたがこのままではまた煤が溜まる一方です。掃除も非常に面倒です。(前回記事参照)

そこでEGRバルブの制御で排ガスを戻さず新鮮な空気のみをエンジンへ供給する事で吸気側への煤の付着を回避します。(EGRカット)

先日のリコール(O2センサ対策でECM更新)によりECM(エンジン制御ソフト)が更新されましたので、RICAチューニングも再度解析が必要なためRICAへ最新ECMデータを送信します。



リコールで更新された最新ECMデータを吸い取り。PCでRICAへ送信します。



数日後、完成の連絡がありました。 Stage2とStage2 + EGRカット版はリコール済みの最新データがベースです。iSoftloaderへダウンロードします。



ダウンロード後 車両へ書き込み。



書き込み後、ECMバージョンを確認。リコール対策版のバージョンがベースとなっていました。



RICA Stage2だけでも十分パワフルですが EGRカット機能を付加した体感上の違いは高速道路走行の中間加速がさらに良くなっています。

EGRカットソフトだけですと、費用は3万円からとなります。

RICA ASIA
http://rica-asia.com/

煤掃除の記事は下記へ

6+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です