V40 リコール情報

V40 2020年1月17日 リコール情報を見つけました。

発見が遅れました。

内容
ディーゼルエンジンの排気ガス再循環装置(EGR)において、排気ガス冷却装置の 冷却方法が不適切なため、排気ガス中の煤が湿気を帯びることがある。そのため、 煤がエンジンの吸気バルブへ堆積し密着不良を起こすことで、エンジンの出力低下 やエンジン警告灯が点灯し、最悪の場合、インテークマニホールドが溶損し火災に 至るおそれがある。

処置内容
全車両、EGR の冷却ホースを対策品に交換し、エンジンコントロールモジュールの プログラムを対策プログラムに書き換えて、周辺のセンサーを清掃する。 なお、インテークマニホールド等に損傷がある場合は、当該部品を新品に交換する。

ECUプログラムに吸気システムのエア漏れ監視機能及び異常時にインジェクターを停止させる機能が追加されます。

当方のV40のEGRカット機能導入時に煤によるインマニの焼損写真をRICAエンジニアリングより見せられました。かなり前に見ていましたのでそれの対策ではないでしょうか。EGRカットを導入しているので影響力は弱まっており、しばらくは現状維持で行こうと思います。(現状で煤が吸気側には回らないはずですので)

3+

「V40 リコール情報」への2件のフィードバック

  1. aki@gpx750rです。情報ありがとうございます。
    前期型最終で最初のディーゼルモデルってことですかね。
    2090754-2093(うちの)-2118912で当り。
    EGRのすすで苦労していますね。マツダはまだ知らんぷりでしたっけ?
    高出力モデルの外車の方がすすの扱いが大変なのでしょうかね。
    近頃チョイノリはあまりしなくなったので進行はしていないと思われます。
    パイプ交換にバンパー取らないで済むことを祈ってます。
    ヘッドライト回りにV型モールを貼って雨水の浸入を防いでいるのと、ウィンカーLED化のダミー抵抗ハーネスを外す必要が出てくるのでちゃんと戻してくれるかな?
    うちもお知らせは来てないです。
    ではでは!!

    1+
    1. こんにちは。
      マツダも検索すると煤問題がたくさん出てきます。環境問題等を考慮してEGRがある以上避けられないのかもしれません。

      また、バンパーについては脱着は無しで上部のプラスチックカバーだけかもしれません。

      1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です